その会社で良いの?会社選び5つのポイント※面接編

選び方

面接の具体的な対策ではなくキャリアを上げるための企業の選び方についてお伝えします。

面接をなんとなくで受けていませんか?

内定を取るために受ける。それが一番重要ですが、面接の場は企業との初対面の場です。

売り手市場になっている現在の転職市場で求職者は企業を選べる時代です。

選考段階で企業を選ぶ・見極めるポイントを解説します。

面接の対策についてはこちらから
志望動機の作り方NG理由
人材紹介会社を利用する際の注意点はこちら

目次

その会社でいいの?見極めるポイント

  1. ホームページ
  2. 書類選考・面接調整のスピード・対応
  3. 面接当日
  4. 面接官
  5. 面接後

その会社でいいの?見極めるポイント

大前提として面接は内定を取らなければ意味がありません。

売り手市場とはいうものの面接で内定を取れなければ選ぶ立場になれないので注意です。

面接の場で給料・条件交渉など大事なことではありますが、面接の場で行うことではありません。内定さえ勝ち取ればこっちのもの。

内定が覆ることはめったにないので自分の要求は内定後に通しましょう!

さて、入社する企業を選ぶポイントな人それぞれにあるかと思いますが、

重要なのは面接です。ほかのポイントも併せてご紹介いたします。

1.ホームページ

企業の顔となる部分です。見やすいのかユーザビリティに優れているか、更新頻度は、

従業員のインタビューは今本当に在籍している人なのか?

見るべきポイントはどの程度意識をもってホームページを作っているのか。

業界にもよりますが、ホームページがダサい・更新されていない・醜い

そんな企業は今後も採用に苦戦するし従業員も他の人に紹介しづらいですよね?

時間をかければ誰でもきれいなホームページが作れる時代

それさえやっていない企業は今後あやういという視点を持ちましょう。

2、書類選考・面接調整のスピード・対応

7人事・採用担当は企業の中でも重要なポジションを占めております。

仕事ができない人間をそのポジションに回すことは無いでしょう。

あなたがやり取りしている人間は企業が会社の顔として選んだ人間です。

その視点を持つと危うい企業はあぶりだせます。

正しい日本語ではない・連絡がまどろっこしい・レスポンスが遅い

など

採用担当はその会社の顔です。その人と仕事がしたいのか。

逆を言えば

書類選考から面接調整までストレスなくスムーズに進められる採用担当者がいる会社は安心できるでしょう。

自社の会社に求める人物像が明確でビジネスにおいてのスキルも常識もある

当たりまえの要件かと思われがちですが、実際に選考進めてみると

信用できない担当はふつうに存在します。

3、面接当日

オフィスはきれいですか?来客対応はどうでしょうか?

面接当日あなたはお客様です。面接官はあなたを選ぶ立場ですが、会社としてあなたは自社の求人に応募してくれた貴重なお客様。

貴重なお客様を相手に受け付け電話の対応が雑、通された部屋が汚い、案内してくれた人の態度が悪い

そのような企業はほかのお客様に対しても同じ意識でしょう。

訪問の際、終了時の面接官以外の対応も重要なポイントです。

あなたが受けた来客対応はほかのお客様に対してしている来客対応です。

求職者だから雑にあつかう。そんな考えの会社はもってのほかです。

今はWEB面接が多くオフィスまでいかないことも多いでしょう。

その際は、面接官は時間通りに来ましたか?私服だからと言ってだらしなくないですか?

などなど気にしてみてください!

4,面接官

面接官は選ぶ立場でもあり、選ばれる立場でもあります。

重要な選考の場を任される面接官はその会社のまさしく顔。

時間にルーズ・言葉遣い・態度・姿勢など、たまたまかもしれませんが面接の場でそのような態度をとるということはお客様に対しての態度も問われてきます。

圧迫面接は、今は減ってきておりますが、中にはストレス耐性を図るために厳しい態度・質問をする面接官もいるかもしれません。

ただ、こちらから質問した内容に真摯に答えない、態度の以前にだらしない・不潔など

そんな会社はこちらから願い下げです。

5,面接後

選考結果が出るスピードも非常に大切です。

多くの求職者は内定が一番最初に出た会社へ就職を決める

そのことを知らない人事はいないでしょう。

また、内定をもらった後も大切です。

そのあとのアフターフォロー(入社前面談・条件交渉など)に応じてくれる会社なのかどうか。「あとは勝手に選んでね」スタンスなのか。

その会社における入社後の扱い方がモロに出てくるポイントでしょう。

さて、内定後の交渉は大事なポイントです。

条件の確認・交渉など面接で聞けないことが聞けるのは唯一、内定後です。

ここでの質問に対して真摯になってくれる会社は安心ですよね。

面接に対しての具体的な対策・職務経歴書の作成も行っております。

是非お気軽にご相談ください。

MakeCareer合同会社
【一発内定】面接での長所短所の答え方はこれで完璧~一覧や職種別別の例文付き | MakeCareer合同会社
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人材紹介会社にて約6年勤務。
人事責任者としての経験もあり、求職者側・企業側双方の視点から人事を学んでおります。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる