エドムンド・ウィリアムソンのカウンセリングを徹底解説~キャリアコンサルタント量産計画

目次

ウィリアムソン

パーソンズと比べて優先度は少し落ちます。が、そんなに分量がないのでご安心を。
このダンディなウィリアムソンは学校カウンセリング・学生心理相談を発展・普及させた人物です。

暗記すべきはコレ

『学校カウンセリング・学生心理相談』
6段階のカウンセリングの手順

『学校カウンセリング・学生心理相談』

ウィリアムソンは思春期・学生期にあるクライアントの進路選択上の悩みを研究して
学校カウンセリング・学生心理相談の分野を発展・普及させました。
学生相談の基本的概念を作った人です。

おおもとにあるのはパーソンズの「特定因子論」
個人のスキル・能力と職業に必要なスキル・能力をマッチングさせます。

6段階のカウンセリングの手順

パーソンズの職業選択の理論の流れを汲みカウンセリングを理論化しました

①分析
主観的・客観的にクライアントの情報を集める
②統合 
集めた情報をもとに、クライアントを理解する。
そのために情報を比較・検討・要約
③診断
問題点を洗い出して個人の特徴と職業を比較し、優先順位をつけて原因を追究する
④予後
問題から予想される結果から判断して、クライアントに選択肢を提示
将来の見通しを立てる
⑤処置
クライアントと何をするべきか話し合う。指導助言をする
⑥観察
その後もフォローしていく

全部の名前を暗記する必要はなく、カウンセリングの流れを把握しておきましょう。

補足

では覚えやすくするための補足です。

パーソンズホランドプレディガーと異なるのはウィリアムソンは徹底的に個人に焦点を当てています。

ウィリアムソンは心理学者で興味を持っているのは個人の心理学的な問題や進路選択上の悩みだったんです。

性格テストや適性検査などを実施して個人の特性や性格や問題を把握することにつとめた結果
出来上がったのが6段階のカウンセリング手順。

親日家でもあったようです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人材紹介会社にて約6年勤務。
人事責任者としての経験もあり、求職者側・企業側双方の視点から人事を学んでおります。

目次
閉じる